So-net無料ブログ作成
検索選択

不倫調査で見えたもの?許せる不倫と、許せない不倫、の境界線 [出会い]

 未婚と偽って異性を誘うのは、それこそ“ゲスの極み”だろう。だが、お互いに配偶者がいることを知りながら陥る大人の恋もある。SNSの普及で、現代は最も不倫しやすい社会との説も。推定不倫人口500万人時代の処方箋はあるのか。

「許せる不倫」と「許せない不倫」の境界線は? 調査で見えたもの


「許せる不倫」と「許せない不倫」の境界線は? 調査で見えたもの.jpg

推定不倫人口500万人時代の処方箋は…(※イメージ)



 今年に入り、タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん)、「イクメン偽装」宮崎謙介・前衆院議員、落語家の桂文枝、作家の乙武洋匡らの不倫のニュースが相次いだ。アエラではアエラネット会員に、不倫に関するアンケートを実施。男性の32%、女性の39%が「不倫経験あり」と答えた。

「許せない不倫は?」との質問には、「独身または別居中、もしくは離婚協議中などと偽って交際する不倫」(42歳・既婚女性・不倫経験あり)、「嘘をつかれること」(48歳・既婚男性・不倫経験あり)と、立場を偽ることを批判する声が目立った。また、「子どもや生活に影響するような不倫」(53歳・未婚女性・不倫経験あり)、「パートナーに露見する不倫」(47 歳・既婚男性・不倫経験あり)など、周囲への影響を問題視する声も多かった。

 一方、「許せる不倫」では、「墓場まで持っていく不倫」(51歳・既婚男性・不倫経験なし)、「周囲に迷惑をかけない、不愉快な思いをさせない」(56歳・未婚女性・不倫経験なし)など、秘め続ける覚悟を持ってするなら……という声が、不倫経験のない男女からも上がった。

「不倫は、現実的に個人の意思で防げるようなものではない。許す・許さないというより、受け入れられるか・られないか、と考えたほうが適切ではないでしょうか」

 こう問いかけるのは、『はじめての不倫学』(光文社新書)の著者で、社会的な切り口から性問題の解決に取り組んでいる「ホワイトハンズ」代表理事の坂爪真吾さん(34)だ。

 坂爪さんによれば、「環境条件的に現代は歴史上、最も不倫をしやすい社会」だという。

 携帯電話やSNSの普及で、個人間で常に連絡を取れるようになった。経済的に自立する女性が増え、男性が不倫相手の女性を経済的に援助するケースは減少。「普通の男性」でも不倫が可能になった。

 坂爪さんは、婚外交渉の経験などに関する複数の調査から、既婚者の中で実際に不倫をしている人を、「多く見積もっても、既婚者全体の1割程度の500万人」と推測する。この不倫人口が大幅に増加しているわけではないが、不倫への入り口とプロセスは可視化されやすくなった。だれもが、ふとしたことで、不倫の泥沼に足を踏み入れてしまう可能性があるという。

 坂爪さんは、不倫をインフルエンザのような「感染症」に例える。感染を100%阻止することは不可能。社会生活を営んでいれば、他者との交わりは避けられないからだ。ワクチンを打っても効かないことはある。インフルエンザに感染した人を「努力が足りない」「自己責任」とバッシングしても意味がない。

 同様に、不倫も「感染は防げない」という前提で捉えたほうがいいと坂爪さんはみる。重要なのは、「本能」という言葉に逃げこまず、感染経路を明確にし、感染確率を減らす予防策を立て、それでも感染した場合は重症化、周囲への被害拡大を最小限に食い止めるための対策を講じるべきだという。(ライター・羽根田真智/アエラ編集部)


※AERA 2016年5月23日号より抜粋

dot.(ドット)引用



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。